MENU

社会人も声優専門学校へ通える!

声優専門学校の中には、社会人の方でも通えるように、土日や夜間に授業を行なっている専門学校もあります。

 

そのような社会人の方でも通える声優専門学校は数が少ないのですが、選ぶ際にはしっかりと情報収集して慎重に選びましょう。

 

声優は専門学校に通えば誰にでもなれる職業ではないし、声優になれるかどうかは声優専門学校にかかっているとも言われるからです。

 

 

 

わたしのおすすめ声優専門学校

わたしは東京の私立大学を卒業後、一度は民間企業に就職しましたが、やはり声優になりたいという思いが強く、社会人をしながら土日や仕事終わりを利用して声優専門学校に通いました。

 

声優専門学校で2年間学んだ後に声優事務所の所属オーディションに合格して、今はなんとか声優のお仕事をさせていただいています。

 

わたし自身も社会人をしながら声優専門学校に通いましたし、自分のお給料から学費を払ったので、声優専門学校についてはかなり調べて慎重に選びました。

 

また、声優の仕事をしている友達は同年代で社会人からデビューした子が多いのですが、そこからも声優専門学校に関する情報はたくさん入ってきます。

 

それらの声優専門学校に関する情報をまとめて考えると、現在社会人の方で声優専門学校に通うのであれば、アミューズメントメディア総合学院が最もおすすめです。

 

わたし自身もその声優専門学校の卒業生なのですが、社会人にアミューズメントメディア総合学院をおすすめする理由は以下になります。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

声優専門学校選びで大切なのはデビュー率

学生の女の子

社会人をしながら声優専門学校に通う方は、自分で高い学費を支払って、会社の休日も返上して専門学校に通うわけですから、声優になりたいという気持ちは人一倍強いことかと思います。

 

わたしの専門学校時代の同級生には、アニメ好きが高じて声優専門学校に通っているという社会人もいましたが、やはり大半の生徒は声優になりたい!という夢を抱いていました。

 

声優になりたいという目標を持っている人が、声優専門学校を選ぶ時に1番重視すべきことは、その声優専門学校に行けばどのくらいの確率で声優デビューできるのかということです。

 

言いかえると、毎年どのくらいの数の卒業生が声優事務所(芸能プロダクション)の所属オーディションに合格しているのかと言うことです。

 

いくら社会人でも通える声優専門学校とは言っても、結局声優になれない声優専門学校なら行く意味はありません。

 

その点において、声優専門学校の中でおそらく最も優秀な数字を残しているのがアミューズメントメディア総合学院です。

 

2018年度の実績を例にあげると、卒業生の73.8%は声優事務所に所属となっています。

 

そして18.5%の卒業生が、声優事務所が運営する養成所の特待生クラスに入所しています。

 

特待生クラスは養成所にもよりますが、生徒の20%〜50%くらいは事務所所属となり、声優デビューを果たすと考えられます。

 

ざっくりと考えるなら、アミューズメントメディア総合学院の生徒の8割は声優になれるという計算になるのです。

 

これは声優専門学校としては圧倒的に高い数字で、声優デビュー率の低い声優専門学校の場合だと、卒業生の10%も声優デビューできない専門学校もあるのです。
社会人をしながら声優専門学校に行くからには、中途半端に勉強するよりもみっちりと声優のレッスンを受けて、確実に声優になれる道を選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

社会人を卒業して本気でプロの声優になりたいと言うことなら、アミューズメントメディア総合学院が最良の選択だと思います。

 

 

 

声優専門学生のうちから仕事ができる

女の子

声優デビュー率を強みにしているアミューズメントメディア総合学院ですが、声優はデビューできれば終わりではありません。

 

タレントや芸人さんと同じように、はじめのうちは声優の仕事があっても、それがコンスタントに続くとは限りません。

 

声優業界で働くわたしの勝手なイメージですが、声優1年生の頃はギャラが安いのでそれだけである程度仕事がきます。

 

しかし1年生であっても注目されるような仕事ができていないと、2年目や3年目には使ってもらえなくなります。

 

声優は毎年何人もデビューするわけですから、代わりのきく仕事しかできない声優よりも、ギャラが安くフレッシュな新人に仕事は回されます。

 

デビュー1年目でも爪痕を残せるような仕事はどうすればできるのか?とても難しいことですが、一つ考えられるのは専門学生のうちから仕事を経験しておくことは大切です。

 

アミューズメントメディア総合学院では、グループ企業でアニメの制作も行なっていて、学生のうちから実際の仕事のオファーがもらえます。

 

初めての収録には先輩方もたくさんいるし、どうしても緊張するものです。失敗したり、実力を出しきれない仕事は学生のうちに、プロの声優になったらそれはできません。

 

プロの声優の収録は毎回がオーディションのようなもので、そこからまた次の仕事につながり、どんどん声優として名前を売っていかなければなりません。

 

専門学校でしっかりと現場の経験値を積んでおいて、デビュー後には常に100%の実力を出し切れるようになっておくことが大切です。

 

声優専門学校の授業内容は、基礎訓練はどの専門学校も大差はなく、演技やエチュードに関しては担当の講師によって左右されます。

 

しかし、学生のうちから生の仕事を経験できるかどうかは、声優専門学校によって決まります。

 

グループ企業でアニメ制作を行なっていて、学生のうちから仕事ができるような声優専門学校はある程度限られますが、さらに社会人でも通える声優専門学校となるとおそらくアミューズメントメディア総合学院だけだと思います。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

声優専門学校に社会人はどのくらいいるの?

社会人が声優専門学校へ通う際の不安の一つに、クラスメイトに社会人がどの程度いるのかということではないでしょうか。

 

わたしも声優専門学校へ行くにあたってその点が最も不安でしたが、わたしが通っていたクラスには社会人やフリーターの方がたくさんいらっしゃいました。

アミューズメントメディア総合学院の在校生の属性

アミューズメントメディア総合学院のホームページの情報によると、在校生の40%は大学生やフリーター、社会人となっています。

 

これは全日制クラスも合わせてのデータなので、夜間や土日のクラスになると社会人の割合はさらに多くなります。

 

年齢層もある程度幅があったので、社会人だからといって浮くようなことはないと思います。

 

アミューズメントメディア総合学院では、入学を検討している社会人向けの個別相談もやっているので、一度実際に話を聞きに行ってみるのも良いと思います。

 

 

 

社会人から声優を目指すリスク

社会人から声優を目指すとなると、やはり少なからずともリスクを背負う可能性があります。

 

声優はなりたい人全員がなれる職業ではないし、声優になれたとしてもずっとその仕事だけで生活していくのは大変なことです。

 

そのようなリスクをできるだけ避けるためにも、個人的には社会人としてのお仕事を続けながら、声優専門学校へは土日や仕事終わりに通うことをおすすめします。

 

社会人を続けながら声優専門学校に通うあいだに、自分には声優になれる能力があるかどうかを見極める時間ができますし、プロの声優の講師に直に相談することもできます。

 

講師から見て、あなたに声優としてやって行く実力が備わっていると感じたら、きっとあなたを応援してくれるでしょう。

 

収録現場で一緒になる声優さんの中には、社会人を続けながら声優事務所に所属して、声優の仕事もこなしている人もいます。

 

社会人と声優業の両立すら可能なわけですから、声優専門学校に通うために急いで会社を辞めることはないと思います。

 

 

 

まとめ

『暁のヨナ』スウォン役などで知られる小林裕介さんも、社会人を経験したのちに、アミューズメントメディア総合学院で学んで声優となりました。

 

他にも田村ゆかりさんや諏訪部順一さんなど、社会人を経験して有名声優となった方はたくさんいらっしゃいます。

 

社会人だからと言って声優の夢を完全に諦めてしまうのはもったいない話です。
まずは社会人と並行して、声優専門学校で学んでみてはいかがでしょうか。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら